PPPとは・・・
Peace Porter Project の略であり、 直訳すると、平和を運ぶプロジェクトです。

2005年、ヒロシマは、被爆60年目をむかえ被爆者自身の高齢化も進み被爆体験の継承が困難になりつつあります。

このような状況の中で、「とうろう」を流したいが平和記念公園を訪れることが困難な被爆者等を対象に、 青年ボランティアが8月6日以前に訪問し「とうろう」を届け8月6日に代理で流灯するプロジェクトを実施することとなりました。

青年ボランティアにとっては、被爆者に出逢うことや、思いや願いの託された「とうろう」を流灯することを通して、被爆体験の継承ヒロシマを知るきっかけとなることを望んでいます。


この団体は、2005年に「とうろう流しを支える市民団体」のメンバーにより設立され、その年には、 多くの方の協力を得て、被爆60年目という節目に約130個の流したくても流せなかった灯篭の流灯が行われました。

活動報告

また、その様子は中国新聞で紹介されました。是非ご覧下さい!⇒記事



             Copyright(C) 2006 PeacePorterProject All Rights Reserved.